相続放棄が出来ない場合

相続放棄出来ない場合とは・・・原則被相続人の死亡を知って自分が相続人になったことを知った時から3か月以内であれば相続放棄出来ます。

しかし、例外的に相続放棄出来ない場合もあるので注意が必要です。
 

それは「被相続人の財産を処分してしまった場合」です。

代表的な具体例は以下のものがあります。 

被相続人の不動産や預金口座の名義を自分名義にしてしまった。

被相続人の不動産や預金口座を自分名義に変更してしまうと、相続財産を処分したことになり、以後相続放棄の手続きが出来なくなるのが原則です。

不動産や預金の名義変更をする前に必ず被相続人の財産調査を行い、借金があるかどうかを明確にしておかなくてはいけません。 

遺産分割協議書を作成して、手続きを進めてしまった。

遺産分割協議書を作成して、署名・押印した手続きを進めてしまえば、相続を承認したことになり、相続放棄できなくなるのが原則です。

ですから、相続放棄するのであれば、遺産分分割協議書に署名・押印してはいけません。

被相続人の借金を被相続人の預貯金から一部でも支払ってしまった。

被相続人の財産から、被相続人の借金を一部でも返済してしまった場合には、相続財産の処分をしたとみなされて、以後相続放棄出来なくなる可能性があります。

但し借金を返済するのは保存行為となり、相続放棄出来ることもあります。

この処分・保存の判断は微妙で難しいので、慎重に行う必要があります。

 

以上のようなことをしてしまった場合は3か月経過前でも相続放棄が出来ない可能性が高いです。

上記のような行為をすると借金を含めた遺産を承継することを認めたと判断されてしまうのです。

そのようなことがないように、被相続人が死亡された場合はまずは専門家である司法書士にご相談下さい。