負債の調査

負債(借金)は、一般的には他人に知られたくないものであるが為に、被相続人に借金があったとしても、相続人が誰もその事実を知らない事も多く、相続人が借金の調査をするのは大変難しいのです。相続人が誰も負債の詳細を把握していない場合、どのように負債の状況を調査すればよいのでしょうか。

以下の方法にて、調査していきましょう。

被相続人の郵便物や保管書類を確認する

被相続人宛てに届いた郵便物や、保管書類から、負債についての書類がある場合があります。
契約書や請求書等一つ一つ確認しましょう。

銀行の預金通帳から確認する

銀行の通帳に記帳すると、毎月引き落としされているローンの引き落としや、クレジットカードの引き落とし等が確認できますので、そこから負債状況を明確にしていくことができます。

 個人情報信用機関へ開示を求める

個人情報信用機関(CICやJICC、JBAなど)に対し、故人さまの情報開示を求めることが挙げられます。これらの個人情報信用機関は、会員登録した会社から得た情報を一元管理し、照会に応じて信用情報を提供することを主たる目的とする機関ですから、故人さまの借入状況を把握できる可能性が高いです。