相続放棄をするなら

相続放棄をする前に考えよう!

相続放棄は、非常に重要な法律手続きとなります。

間違った手続きを行ってしまうと大変なことになってしまいますのでシッカリと専門家に相談しましょう。

大前提となりますが相続手続きを進めてしまうと、相続放棄することは出来ません

これは、知ってるよと思っているだけで、時々間違えて金融機関の手続きをしているなかで、相続人代表として預金を受け取る手続きをしてしまう方もいらっしゃいます。

また、相続財産となる財産についての受領を知らず知らずのうちにしてしまって、相続放棄が出来なくなってしまう方もいらっしゃいます。相続放棄をするのであれば、しっかりと事前確認が必要です。

亡くなった方名義の財産をしっかりと確認する

亡くなった方の相続財産の名義をしっかり確認しましょう。不動産があることを知らずに放棄してしまったなど、失敗してしまうと大変な場合があります。 

対応が難しい場合も多数あります

専門家でも対応が難しい場合も多数あります。会社から給料をもらっている方が亡くなった場合には、その給料は相続財産となります。
では、会社の退職金はどうなるか?などがそれにあたります。これは会社ごとに、退職金と言っても、給与手当の延長線上なのか、中小企業退職金共済などに入っているのか、生命保険の商品によって退職金の積立があるのかなど、ケースによって様々です。 

間違って触ってしまうと大変なことになってしまいます。
しっかりと専門家に相談しましょう。