遠方にある不動産の名義変更

亡くなった方の不動産が遠方に複数ある場合の、不動産の名義変更はどのようにして行うのでしょうか。

 

不動産の名義変更は不動産所在地を管轄する法務局ごとに行っていきます。

例えば、東京の江戸川区にある不動産の名義変更の手続きは東京法務局江戸川出張所で行います。

遠方にある不動産の名義変更の具体的手続き

不動産が遠方に複数ある場合には、その不動産の管轄法務局ごとに行っていきます。

例えば、江戸川区、さいたま市、市川市、名古屋市中区にそれぞれ亡くなった方が不動産を所有していた場合の名義変更の手続きは、それぞれ、東京法務局江戸川出張所、さいたま地方法務局、千葉地方法務局市川支局、名古屋法務局の4つに申請する必要があります。

遠方の法務局の場合には通常、郵送申請かオンライン申請で行います。

このように遠方に複数の不動産がある場合の名義変更の手続きは、時間がかり、複雑になります。