独身で子供もいない場合の相続

最近は生涯独身の方が増えてきています。

では独身の方が亡くなった場合には財産はどのように承継されるのでしょうか。

配偶者も子どももいない場合、親、祖父母(直系尊属といいます)が財産を相続します。両親や祖父母もいない場合は、兄弟、姉妹が相続の権利を有します。

戸籍上血縁としての関係があれば、たとえ仲がこじれていたとしても親、兄弟、姉妹のものになってしまうということです。

親、祖父母が既に亡くなっており、兄弟、姉妹も亡くなっている場合には、代襲相続という制度で甥や姪に相続権が受け継がれます。

配偶者、子ども、親、兄弟、姉妹もいない場合、最終的にあなたの財産は国に承継されます。

もし親、兄弟姉妹もいない方で国に財産が相続されるのは嫌だという方は遺言を作成する必要があります、

何の対策もしていなければ、あなたの遺志は反映されません。

まだ早い、などとは思わずに、大切な人、大切な物があるときはしっかり遺言を残しましょう。