借地権を相続したくない場合

相続において、借地権のみ相続放棄をしたいが、その他は相続したい・・

ということはできません。

相続放棄の場合=全ての相続財産を放棄しなければなりません。

では、今後借地権を所有したくない場合の方法はどのようなものがあるのでしょうか。

①借地権を土地所有者に売却

借地権者と土地所有者が近い間柄の場合、借地権を売却し換金することができます。

②借地権を業者へ売却する

土地所有者とのやりとりが困難、早く売却したい場合などは、この方法がいいでしょう。

 

借地権も当然相続の対象になります。また借地権の財産的価値は低くありません。

借地権が相続の対象になる場合には、どのように相続を行うか決めることが大切です。

借地権そのものは登記されていない場合でも、借地権を相続する場合には、借地の上

に建つ建物の名義を相続人に変更することが必要になります。