株式の名義変更

株式の名義変更は、株式の種類が「上場株式」か「非上場株式」かによって手続きの方法が異なってきます。 下記にて確認していきましょう。

上場株式の名義変更について

上場株式の場合の名義変更は、証券取引所において取引が行われる株式になりますので、証券会社及び株式発行会社の両方で、名義変更の手続きをしなければなりません。

また、株式の取引口座の名義も変更する必要があります。

取引口座の名義を変更する場合の書類は下記の通りです。これらを揃えて、証券会社に提出しましょう。

  • 取引口座引継用紙
  • 相続人全員の同意書
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 被相続人の戸籍抄本
  • 相続人の戸籍抄本

※上記の書類は取引先の証券会社によって、指定の用紙がある場合がありますので、確認してから用意しましょう。 

上記の書類を提出して、取引口座の名義変更が完了したら、相続する株式の株主名簿の名義変更を行っていきます。 この手続きは証券会社の方で手続きを行うので、「相続人全員の同意書」の用意だけしておきましょう。

 非上場株式の名義変更について

非上場株式の名義変更の場合は、株式の会社ごとに手続きが異なりますので、各々の株式発行会社に必要書類や手続き方法など、直接問い合わせをしましょう。