相続放棄と預金

Q.預金を引出しても、相続放棄出来ますか?

A.預金を引き出し使うと相続放棄出来ません。

相続放棄は被相続人(死亡した人)が死亡したことを知り、自分が相続人になったことを知った時から3か月以内に出来るのが原則です。

しかし、相続財産の全部又は一部を処分した場合には、相続を承認したものとみなされ、相続放棄が出来なくなります。

そこで、預金の引き出しが相続財産の処分になるかどうかが1番のポイントとなります。

預金を引き出して、使い込むことは、相続財産を処分したものとして、以後相続放棄が出来なくなります。 

被相続人に借金などないと思い、預金を引き出し使いこんでしまい、後日借金が判明した場合でも、相続放棄出来なくなってしまいますので注意が必要です。

借金があるかどうかの相続財産調査はとても重要です。 

預金を解約した場合

預金を解約した場合はどうでしょうか。 

預金を解約しても、そのお金を使い込まず、ただ保管しているのであれば、相続財産を処分したことにはならず、相続放棄出来る可能性が高いです。

ただし、この判断は個別具体的にしていくものなので、断定出来るものではありません。
預金の解約はしないでおくのが1番安全です。

相続放棄を考えている場合には、預金を解約したりせずに、そのままの状態にしたままで、専門家にご相談下さい。