前の代の相続がまだ終わっていない

【司法書士が解説】父親の相続手続きにおいて祖父名義の土地があったケース

当相談室では小田原市を中心に神奈川県全域から多くの相続の相談をいただきます。 ご相談の中で「相続発生後に祖父の名義のままの土地があった」というお悩みをよくいただきますので今回はこのような場合どうすれば良いのか相続に強い司法書士が解説します。 相続の状況 依頼者の方の父親名義で建物があり、土地は依頼者の方の祖父名義でした。 土地は祖父名義のまま放置され、70年近く放置されていました。
続きを読む >>