相続税について

相続税とは、被相続人の相続人である親族等が相続において取得する財産に対して課税される税金のことです。
相続税は遺贈により取得した財産も対象となります。

相続税の申告は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月以内に被相続人の死亡時の住所地を管轄する税務署にて行います。
この申告期限に申告しなかった場合、支払う相続税以外にも加算税・延滞税が発生してしまいますので、必ず期限内に申告するようにしましょう。

また、相続税は、相続財産が基礎控除額を越えない場合課税の対象ではなくなるのでご自身で計算できない場合や、財産の評価等困難な場合は、当相談室にお気軽にお問い合わせください。期限があるものですので、迅速に対応させていただきます。

相続税の基礎控除について詳しくはこちら→相続税の計算方法