相続手続き丸ごと代行サービス(遺産整理業務)

 

  当事務所では、年間150件以上の相続相談をさせていただきましたが、このなかで、

・「自分でやってみたけど、思ったより手こずるもの」
・「通常はスムーズだが、事情によっては手こずるもの」
・「手続きに専門家が必要になるもの」

等々、様々な“つまづき”ポイントが分かってきました。これから相続手続きを進める方にとっての道標となるよう、それらを色分けして分かりやすくまとめてみました。

 

慌ただしくも葬儀が終わり、まだ亡くなった方への想いも尽きないでしょうが、ここから様々な相続の手続きが始まります。

まずは「死亡届の提出」です。

届け出は、届出義務者が、死亡の事実を知った日から7日以内

(国外で死亡があったときは、その事実を知った日から3か月以内)に行います。

※「死亡した日」ではなく「死亡の事実を知った日」です。

遺言書は、ご家族への想いをつなぐ「終活」の一つとして広まっており

「親御さんがメモのように遺言を残していたことが死後に判った」といったケースもあります。

ただ、自筆遺言書は書いておけばよいというものではなく、内容が法律的に正しいものか、

記述方法に間違いがないかなどを家庭裁判所で確かめる「検認」という手続きが必要となります。

また、いくら故人の想いとはいえ、内容に納得がいかないといったケースも起こります。

そのような場合、残された家族が争うことになりかねません。

最近ではこのような、遺言を発端として親族同士が揉めてしまう「争続(そうぞく)」

と呼ばれる悲しい出来事が増えてきております。

このような場合でも、揉める前に第三者が介入することで円滑に相続が行われることがあります。

遺言の内容で不安を感じたら、一度当事務所にご相談ください。

相続する財産が何かを正確に把握しなければ、相続手続きは進みません。

相続できる財産は、不動産や預貯金のほかに、有価証券や貴金属、自動車なども含まれます。

また見落としやすいものとして、著作権、特許権、ゴルフ会員権など多岐にわたります。普段から親しくしている肉親とはいえ、財産のことをこと細やかに把握しているケースは少ないでしょう。

特に故人と離れて暮らしいているような方(例えば両親と離れて暮らしている等)は、このパターンに該当しやすいです。

故人の財産調査でお困りの場合は、一度当事務所にご相談ください。

相続財産には、前項④のような「プラスの財産」だけでなく「マイナスの財産」も含まれます。

例えば、借金やローン、クレジットカードの未払い料金などです。

こういったマイナスの財産は「相続しない」という選択もできます。

この相続しない選択のことを「相続放棄」と言いますが、期限があります。

相続放棄の申告期限は被相続人がお亡くなりになってから3か月という期限が決まっておりますので、

負の財産に気づいた場合はいち早い対応が必要となります。

故人が遺した負の財産相続でお困りの場合は、一度当事務所にご相談ください。

自宅などの不動産はお金のように単純に分割することが難しいため、相続トラブルになりやすいものです。

例えば、ずっと住んでいた自宅をどのように相続人で分けるのか、

空き家になって住む人がいない家をどのように相続するのかなど、その後のトラブルを防ぐことも含めて考える必要があります。

せっかく故人が遺してくれた思い出の家や土地で親族が争ってしまうことは、とても悲しいことです。

一度親族間での争いに発展してしまうと、その後の関係性を修復することは困難になります。

もし相続財産の対応についてでお困りの場合は、一度当事務所にご相談ください。

相続人同士で、誰が・何を・どれだけ相続するのかを明確にし、全員が記名押印します。

その後の相続トラブルを避けるためにも重要な手続きです。

疎遠な相続人がいる、海外など遠方に住んでいる、戸籍をたどったら会ったこともない相続人がいたといったケースも含めて、

全員の記名押印が必要です。

このような複雑なケースにおいては第三者の存在が重要になります。

私たち司法書士はこのような場合に第三者としてコーディネートする業務を得意としております。

もし相続人同士で意思疎通がしづらい関係の場合は、一度当事務所にご相談ください。

このような複雑なケースにおいては第三者の存在が重要になります。

私たち司法書士はこのような場合に第三者としてコーディネートする業務を得意としております。

もし相続人同士で意思疎通がしづらい関係の場合は、一度当事務所にご相談ください。

遺産分割協議で、誰が・何を・どれだけ相続するか決定したら、

その内容に基づいてそれぞれの財産の名義変更などの手続きを行います。

この財産(主に不動産)の名義変更手続きは司法書士が非常に得意とする分野で、いわば専売特許ともいえる分野です。

手続きも自分でできなくはないですが、その難解さと手間を考えると、専門家に依頼することをお勧めします。

また不動産の名義変更をしないままだと、売りたくても売れない、

また年数が経つほどより手続きが困難になるといったデメリットもございますので、

財産(主に不動産)の名義変更手続きの際には、一度当事務所にご相談ください。

自分たちには相続税がかかるほど財産はないと思っている方も多いのですが、

相続税は期限を過ぎると追徴課税がかかる場合もあります。

申告して初めて非課税になる場合ありますので、安易にご自身で判断してしまうのは危険です。

当事務では、相続専門の税理士と連携しておりますので、相続税についてもサポートさせていただきます。

またここで税理士といった他士業の名前が出てきましたので、下記に相続にまつわる専門家の得意分野を記載いたしました。

大まかにお伝えすると、税理士は相続税のことに強く、弁護士は相続人間での争いごとに強く、

司法書士は相続登記(不動産の名義変更)に強いといった得意分野があります。

△に関しては、積極的には行ってはいませんが、専門とする業務に

付随して当該業務を行う必要がある場合に対応することがあるものです。

あと司法書士は相続手続き全般に関わるという特性上、相続全体をコーディネートすることに向いております。

相続で何か困ったことや疑問点があれば、身近な司法書士に一度相談することをお勧めいたします。

☑高齢のため自分ですべての手続きを行うのは体力的に難しい

☑入院中で動けない親の相続手続きを、今後のこともあるのでなんとか進めたい

☑自分で手続きを役所などで進めてみたが、説明も難しく結局よくわからなかった。

☑親が残してくれた預金から生活費を下ろそうとしたが、口座が凍結されており困っている。

☑家族だけで相続手続きをしてトラブルになるのが不安なので、

   公平で信頼できる第三者に代理人として手続きサポートしてほしい。

☑財産の分け方によっては多額の相続税がかかると聞いたので、遺産分割協議を専門家にサポートしてもらいたい。

☑相続税の納税資金をつくるため、不動産の相続手続きに加えて、売却も進めたい。

当事務所の『相続手続き丸ごと代行サービス』では以下のようなサポートをご提供しています。

☑お仕事で忙しい方、遠方にお住まいの方、ご高齢またはご病気の方など、ご自分で相続手続きをするのが難しい方に代わり、

  相続手続きを進めます。

☑ご家庭の状況に合わせた最適な相続手続きプランをご提案し、実際の手続きを行います。

☑遺産分割協議に不安がある方には、適切な分割方法のご提案や、実際に専門家が間に入り協議のサポートをします。

  税理士と協力して節税対策も含めてご提案致します。

☑相続人や相続財産が多いなど、複雑になりやすい場合には、相続専門の司法書士が法律に則り、

  公平かつ確実に各相続人への遺産相続・遺産分配を行います。

☑銀行口座が凍結されてしまった場合でも、必要書類の整備、金融機関とのやり取りを早急に行い、

  迅速な払い戻しを実現します。

☑相続した不動産の売却が必要な場合には、司法書士が代理人となり、売却に必要な手続きを行い、

  迅速な売却をサポートします。

遺産整理業務(いさんせいりぎょうむ)とは、様々な相続に関する手続きを、

ご遺族に代わり、司法書士や弁護士などの国家資格者や、金融機関などが行うサービスのことです。

大手銀行をはじめ、多くの金融機関で遺産整理業務を提供していますが、

一般的には金融資産と不動産の名義変更がサポート対象です。

当事務所では、一般的な遺産整理業務のサポート内容に加え、

その他細かい手続きサポートや、「争族」にならない円滑な遺産分割協議のためのもサポートもしています。

お時間がない方、煩雑な手続きでお困りの方などに向けて、

相続のすべてをまとめておまかせいただける『相続手続き丸ごと代行サービス』をご用意しました。

      • サービスについてご不明点・ご質問などございましたら、どうぞお気軽に当事務所までお問合せください。

      • おお電話はたはメールにてお問合せをお受けしております。

        サポートを希望の方は、面談でのご相談を実施いたしますので、

      • まずはお電話かメールでのお問い合わせ・ご予約をお願いします。

      • 身近な方が亡くなった後に必要となる手続き・届出は100種類以上。

      • すべての方が100種類の手続きが必要になるわけではないですが、

      • 一般的な相続手続きについても、数十種類の手続きは必要になってきます。

        代表的な相続手続きは以下の通りです。

        多くの金融機関が提供する遺産整理業務では、サポート対象となる手続きがある程度限られます。

      • 例えば、手続きの中でも特に手間がかかる戸籍集め遺産分割協議書の作成は原則として自分で行わなければなりません。

      • また、年金関係や保険関係などの業務対象外の手続きについてサポートを受けることはできません。

        下記が銀行等の遺産整理業務の業務範囲のイメージです。

        代行可

        ・遺産の調査

        ・財産目録の作成

        ・不動産の名義変更

         (相続登記:外部の司法書士に依頼)

        ・預貯金や有価証券の名義変更・解約

        ・相続税申告(外部の税理士に依頼)

        サポート可

        ・相続人の調査(戸籍の収集)

        ・遺産分割協議書の作成

        対応不可

        ・生命保険金の請求

        ・年金関連の手続き

        ・自動車の名義変更手続き

        ・その他各種変更・解約手続き

        当事務所の『相続手続き丸ごと代行サービス』では、手間のかかる戸籍集めや遺産分割協議書の作成はもちろん、

      • 専門的知識を要する遺産相続手続きについてはすべて代行可能です。

      • さらにそれ以外に必要になる計100種類の手続きについてもアドバイス・サポートが可能です。

      • 【当事務所なら代行可】

        ・遺産の調査

        ・財産目録の作成

        ・不動産の名義変更

        ・預貯金や有価証券の名義変更・解約

        ・相続税申告(外部の税理士に依頼)

        ・相続人の調査(戸籍の収集)

        ・遺産分割協議書の作成

        ・生命保険金の請求

        【当事務所ならサポート可】

        ・年金関連の手続き

         (請求代行は外部の社労士に依頼)

        ・自動車の名義変更手続き(提携の行政書士に依頼)

        ・その他各種変更・解約手続き

        銀行が窓口となって代行できる相続手続きは限られています。

      • 登記は司法書士、相続税は税理士など、担当分野ごとの専門家の紹介はしてくれますが、やり取りは個別に行う必要があります。各専門家は連携しているわけではないので、何度も同じ説明をすることになるなど、

        ご本人にとっての負担が増える可能性があります。

        当事務所が窓口となり、必要に応じて各専門家とチームを組んで対応します。

      • 当事務所が手続き全体のスケジュールを把握して、各専門家と連携して対応するため、

      • 何度も同じやり取りをする必要はありません。

      •  

        下の表をご覧ください。
      • 大手金融機関の遺産整理業務の最低報酬額と当事務所の『相続手続き丸ごと代行サービス』の最低報酬額を比較したものです。
      • 業務内容 当事務所 金融機関
        最低料金表 25万円 100万円
        遺産整理業務 遺産整理の1.0% 100万円~
    •  

      銀行は相続の専門機関ではなく、組織も大きいため、手続きフローにかかる時間や人件費など、

    • 様々な部分で「コスト」がかかります。

      一方で、相続業務に特化した当事務所では、業務に精通した国家資格者が、個人または少人数のチームで対応します。

    • 迅速な意思決定や作業が可能ですので、余分な人件費や、時間のロスによるコストがかかりません。

      例えば、戸籍の収集などは共通して必要になる相続手続きも多く、業務の組立を工夫すれば、効率的に進めることができます。

      司法書士は相続登記はもちろん、任意財産管理人として、相続手続き全体に関与することができるため、

    • 業務スケジュールを組み立て、管理する部分で大いに力を発揮できます。

      このように、相続業務への専門特化と、業務効率化を徹底している当事務所だからこそ、

    • この価格でサービスをご提供できるのです。

      税理士など他の士業でも、類似のサービスを提供している事務所はあります。

      しかし、多くの方の相続手続きで必要になる「相続登記」を行えるのは司法書士のみです。

      (正確には弁護士も登記業務を行えますが、中心業務として取り扱っている事務所はほとんどありません)。

      他の士業事務所へ依頼した場合、相続登記にかかる費用は、司法書士事務所に「外注」することになるので、

    • トータルの費用は割高になることも多いのです。

      当然、司法書士事務所である当事務所の『相続手続き丸ごと代行サービス』には、

    • 相続登記にかかる報酬も料金に含まれています。※登録免許税等の実費は別途必要です

    • 専門的な知識が必要になる遺産相続手続きについてはすべて代行可能です。

    • 相続業務に熟練した司法書士が、不動産や預貯金といった主要な相続手続きから、

    • 保険金や年金の請求サポート、相続税の申告サポート、

    • その他各種の名義変更・解約手続きなど細かな手続きまで、トータルで対応いたします。

      ※遺族年金の受給申請は社会保険労務士、相続税の申告は税理士、車の名義変更は行政書士と連携して行います。

      当事務所は相続専門の司法書士事務所です。弁護士、税理士、おなじ司法書士などでも、

    • 相続については専門外という事務所も多々あります。すべての士業事務所が相続専門というわけではないのです。

      当事務所は、国家資格を持つ相続の専門家が在籍し、小田原で開業して年間150件以上を超える相続の相談実績があります。

    • 安心してお任せいただけます。

      金融機関でも遺産整理業務を取り扱っているところはあります。

    • ただ、対応できるのは不動産や預貯金など手続きの一部に限られ、

    • そのほかの細かい手続きについてはサポート対象外である場合もあります。

    • また、大きな組織ゆえ、できること、できないことの線引きは明確です。

      当事務所は、様々な相続に関する手続きをトータルでサポート・代行できます。

    • また、専門家による少人数のチームで業務に対応しますので、柔軟かつスピーディーなサポートが可能です。

    • お客様の声はこちら!
    • ここまでお読みいただきありがとうございます。守屋司法書士事務所の代表を務めております守屋 智義と申します。

      当事務所は相続に関する手続をトータルでサポートさせていただき、被相続人の想いをしっかりと受け止め、

    • 相続人の皆さまも被相続人に心から感謝できる、

    • そんな幸せな相続を実現していくお手伝いをさせていただければと考えております。

      一人でも多くの方の、相続における不安や悩みを解消すべく、

    • 相続手続きをトータルでお任せいただけるサービスを、よりご利用しやすい料金でご提供したいという想いで始めたのが、

    • 『相続手続き丸ごと代行サービス』です。

      被相続人の想いは、残された家族みんなが、仲良く末永く幸せに暮らして欲しいということに尽きると思います。

      しかしながら、被相続人がお亡くなりになった途端、相続を巡ってさまざまな問題が生じてくることも少なくありません。

    • 相続手続は、法定相続人全員の協力が得られなければ、進めることができません。

    • 特に、被相続人にお子さまがいらっしゃらなくて、兄弟姉妹や甥姪が相続人になるようなケースでは、

    • 相続人間で全く交流がなく、連絡先すら分からないようなこともあります。

      幸い連絡がついても、被相続人と全く交流がなくても権利として法定相続分は主張してくる方もおられますし、

    • 一方で生前に被相続人の介護等で大変な苦労をされたような方の中には、

    • 法定相続分だけでは納得いかないと思われる方もおられます。

      どうしても話し合いがまとまらなければ、最終的には家庭裁判所の調停や審判手続を使って手続きを進めるしかありませんが、

    • 親族間で裁判手続をとるような悲しいことはできれば避けてもらいたいものです。

      また、特に相続人間で争いがあるといった問題がない場合でも、戸籍関係書類を収集するために役所を何ヶ所も回り、

    • 預貯金や有価証券の相続手続のために銀行や証券会社の窓口を回らなければならず、

    • お忙しい方にとっては平日に仕事を休んで動かなければなりませんので大変な労力となります。

      当事務所では、そんな相続人の皆さまに、安心で確実な相続手続を行っていただくためのサポートをさせていただき、

    • 少しでも相続人の皆さまの負担を減らすことができればと思っております。

ほとんどの方にとって、相続手続きは分からないことも多い一方で、士業事務所という「お堅い」専門家に相談をする、

というご経験は少ないでしょうから、不安になることが多いかと思います。

難しい話をされて、よくわからないうちに高いお金がかってしまう、

というようなイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか。

私どもは、専門家のサポートを真に必要としている方が、相談することをためらったり、

諦めてしまったりしてしまうことがないよう、相続についての無料相談をお受けしています。

お電話やメールではなく、直接、専門家がお会いする面談形式でのご相談も無料です。

お仕事がお忙しい方、ご高齢の方などに合わせ、土日の対応や、ご自宅や最寄り駅などへの出張も行っております。

もちろん面談の結果、依頼されない場合にも相談料やキャンセル料といった費用はかかりません。

実際に、無料相談をご利用いただき、その場の簡単なアドバイスで問題が解決した、といった方もたくさんいらっしゃいます。

相続手続きで、お困りごと、不安なことがある方は、ぜひ無料相談をご活用ください。些細なことでも大丈夫です。

年間150件以上のご相談をいただいてきた、相続専門の事務所です。必ず、何かしらお力になれることがあるはずです。