遺言とは

遺言は自分の死後に残った財産を誰にどれくらい分配するか等を生前に書き記すものです。

このように聞くと、遺言がどういった物なのかはお分かりになると思います。 

しかし、実際に書き記すとなると、とまどう方は非常に多く、また民法によっていろいろな決まりごとがあるので、法律の形式に従って正しく作成しなければ、せっかく作成した遺言が無効にることもあるのです。

この民法に従った遺言を作成することによって、その遺言書は非常に強い効力をもつものになります。

以下のようにお考えの方は、遺言書を作成することをおすすめいたします。

 下記のようにお考えの方は遺言書の作成をおすすめいたします。

  • 推定相続人が複数名いる
  • 推定相続人に養子や前妻の子、認知の子など、直接的な面識の無い方がいる
  • 兄弟の仲が悪く、遺産分割でもめてしまった場合に、最低限の相続分を確保したい
  • 現在病院に入院中の親族に遺言を書いておいてもらった方が良いと思われる方