相続放棄の範囲、順番

相続放棄をする場合には範囲、順番があります。

それにはまず、相続する人の優先順位を理解しておく必要があります。

相続する優先順位

法律で被相続人(死亡した人)の遺産を承継する優先順位(相続する優先順位)が決まっています。
 

1 配偶者は常に相続人になります

2 配偶者と一緒にその子供は相続人になります。(第1順位の相続人)

3 子供がいない場合は配偶者と被相続人の親が相続人になります。(第2順位の相続人)

4 子供も被相続人の親もいない場合は配偶者と被相続人の兄弟姉妹が相続人になります。

(第3順位の相続人)

相続放棄していく順番

被相続人に借金があり、配偶者と子供がいる場合は上記のとおり、相続人は配偶者と子供が相続人になり、借金を承継します。
 

そこで配偶者と子供が相続放棄をした場合には、相続人は被相続人の親になり、今度は親が借金を承継することになります。 
 

そこで親が借金を承継しないためには、やはり親も相続放棄する必要があります。
 

では親が相続放棄した場合は誰が相続人になるでしょうか。

最後の相続人の兄弟姉妹が相続人になります。借金を兄弟姉妹が承継してしまうのです。

そこで兄弟姉妹が借金を承継しないためにはやはり相続放棄をする必要があります。
 

以上のように相続人が相続放棄をすれば相続していく優先順位に従って借金が承継されていきます。

借金を承継しないためには、相続の優先順位に従って、それぞれ相続放棄の手続きをしていく必要があるのです。

 

親族の方が亡くなった場合には、相続していく優先順位に従って相続放棄する必要があるので、是非専門家である司法書士にご相談下さい。