遺産分割と相続放棄

Q.遺産分割で相続放棄したことになりますか?

A.遺産分割と相続放棄の手続きは別物です。

遺産分割協議と相続放棄を混同されている人がたまにいらっしゃいます。

遺産分割協議で自分はプラス財産(不動産・預金等)もマイナス財産(借金)も受け取らないようにしたので、もう被相続人(死亡した人)の借金を承継することはないと思われているのです。

 

しかし、遺産分割協議をしても相続放棄をしたことにはならず、借金を支払う必要があります。

遺産分割協議で決めた内容は相続人間では有効ですが、債権者には主張出来ないのです。

借金の承継者を相続人が勝手に決めてしまうとすれば、債権者が不当に害されるからです

 

そのため、プラス財産は受取ることは出来ず、しかも借金だけは承継して支払わなければならない最悪の状況になってしまうのです。

このような状況にならないためには相続放棄の手続きをきちんと行う必要があります。

債権者に借金を支払わないと主張出来るのは、家庭裁判所に相続放棄の手続きをするのが唯一の方法なのです。

 

借金がある場合には、相続人間で決めてしまわず、専門家にご相談下さい。